鬱の診断で早めに気付く~早期治療でパッと回復~

女性

鬱病の種類と症状

笑顔の女性

鬱病は神経伝達物質であるセロトニンの分泌が減ることにより起こる病気です。鬱病には家族など親しい方や職場の方々の協力が必要不可欠となります。早めに専門医を受診し、鬱病と診断された場合は適切な治療を受けること、十分な休養をとることが大切です。

View Detail

増加する鬱病

男性

鬱病は、医師による診断が必要です。これは鬱病予備軍が多く存在することを示しており、鬱病患者数は今後も増えることを意味しています。患者数が増えても、より深刻な症状の人が、適切な治療と周囲の協力を得られるように、偏見について改善することと、エビデンスに基づく治療を普及させることが急務です。

View Detail

鬱病内容

悩む男性

鬱病と鬱状態は異なります。前者は感情が消失した病的な抑鬱状態であるのに対し、後者は感情が負の方向に高ぶった一般的な抑鬱状態だからです。鬱病の診断には、より正確な基準が求められます。今後は鬱病治療においても、光トポグラフィー検査など、エビデンスに基づく診察が主流となる可能性があります。

View Detail

鬱病と医師に言われたら

医療

医師の診断

精神科や心療内科に通うということは、心身の状態に不安があるということです。そこで万が一「鬱病」と診断されたら、まずは落ち着いて医師の指示を仰ぐようにしてください。その際に処方せんを出されるかと思いますが、症状が辛く動けないような場合を除き、その処方せんは受け取らない方が良いでしょう。一度薬を飲んでしまうと、治療が長引くケースがあります。また、誤診である場合は症状が悪化して、鬱病ではない人が鬱病になってしまうこともあるからです。鬱病の診断に妥当性が生まれるのは、少なくとも2〜3以上の病院で同じように診断された場合、もしくは脳内スキャンなどエビデンスに基づく診察がなされた場合です。それ以外では安易に「鬱病」との診察結果を鵜呑みにするべきではありませんし、薬物治療を開始するべきでもありません。鬱病ではなく、鬱状態にある場合は、投薬の必要性はありません。それは運動をしたり、認知行動療法や、心理療法を行うことで、自然と解消していくものです。鬱状態にある人が、安易に薬物治療をしてしまうと、今度は副作用と離脱症状から、薬物治療から抜け出せなくなります。結果的に本当に鬱病を発症してしまうので注意が必要です。このような理由から、会話による診察だけですぐに「鬱病」と診断する医師や、すぐに処方箋を出す医師を信用してはならないのです。そのような医師の中には、処方せんを延々と出し続け、いつまでも通院を要求する人が実際にいるのです。

鬱を未然に防ぐために

鬱を未然に防ぐためには、ストレスを回避して、気持ちを楽にするために努力する必要があります。例えば、鬱病について事前に知識を得ておくことで、万が一の際に慌てることがなくなります。精神的に落ち込んだ際の行動マニュアルや、病院・医師のリストを作成しておくと、精神的な余裕がなくなってきたときにも安心して行動することが出来ます。予想されるストレス対策を未然にしておくのです。また鬱病について良く知ることで、なりやすい体質であるか否かを自覚できます。鬱病になりやすい人の中には、調子が良いときはストレスを自然と回避することが出来る人もいるのです。しかし、調子が悪くなると途端に精神のバランスを乱すのです。精神のバランスが乱れているときには、冷静な判断ができなくなるため、ストレス回避が難しくなります。鬱病はストレスが溜まることで起こる病ですから、ストレスを極力回避することが、鬱病予防となるのです。つまり、緊急時のマニュアルを作成するなど、不安定時のための準備を事前にしておくことが、鬱病の対策になるのです。これは何も鬱病対策に留まらず、社会生活上のあらゆる事象に応用することができます。仕事のこと、人間関係、生活環境など、鬱病になりやすい体質の人こそ、様々なタイプのストレスに対して、シミュレーションを重ねた上で、事前にそれを回避するように準備しておくことが大切なのです。鬱は未然に防ぐことができる病です。そして、万が一「鬱」かなと思ったら、複数の精神科・心療内科で診察を行いましょう。なるべくなら、光トポグラフィー検査やtms治療など、より正確な診断をしてくれる医院を選ぶようにしましょう。

Copyright© 2015 鬱の診断で早めに気付く~早期治療でパッと回復~All Rights Reserved.